幸楽 宇都宮餃子こだわりおとどけ店舗案内工場案内餃子の焼き方

皮はじっくり寝かせた国産小麦粉とでん粉。
具材はそもそも近くで手に入るもので作ってきましたので、野菜も豚肉も近隣・国産です。
キャベツ、白菜、玉ねぎに豚肉、ニンニク少し、ニラ多めが、こうらく餃子。
ほたて・しいたけ粉にオイスターソースが隠し味。
これらを「飽きのこない味」に仕上げる配合で、練り上げています。

宇都宮で母がはじめました小さなお店「幸楽」。
餃子は、人の手をつかい1枚1枚皮をのばして包んでき ました。
今は機械を使うようにもなりましたが、特別な調 味料もなく、じっくり寝かした皮と手間ひまかけた具は変 えていません。
看板は「こうらく」になりましたが、母から受け継いできた お客様への心も、変えるつもりはありません。

安くて、赤ちゃんからお年寄りまで安心して食べていただ けて、毎日でも飽きないくらいの家庭の味を、大切に守っ ていきたい。
だから、今も小さなお店でがんばっています。

「みんながお家で、餃子を囲んで夕食を。」
それが、私たちの願いです。